ころころ学園

……僕・明かりの在宅はいわゆる移転族で、父の業種の都合で移転ばかりやる。これにつき合わされ、ころころ学園も身の回りも入れ替わる僕。JKには鬱陶しい容態です。
でもそれより、
「つめたっ……って、お湯でないじゃん!」
「おやなるほど、そういえば瓦斯工事してなかった……」
「はぁ、お父さん。しっかりしてよ……」
こうして僕は何とか近くの風呂にいく件になった。けどそこには、
「ハロー」
「え?」
あんな若い人が番台ちゃんです……。
番台にいたのはさわやか笑顔が似合う色男な男前。
「お、お世話になります」
「わー!わー!」
見解を上げて無邪気に訪ねる男子。で、そういう子に、
「まずいから走り回らないでねー?」
と陽が覗き込んで声をかけた。
「え!?」
「あ……」
「おやおやあなるほど……っ!?」
自分の外見が真っ赤になるのが押さえる。そんなに、僕は今着替え中で躯幹は何も付けていない環境。ええ、流石、同じ位の男の子に裸を生じるなんて体験したことない!
――こういう実態があってからは陽といくぶん恥ずかしいコネクションに。でも、風呂に行かなければ既に主人と会わないだろう。そう思っていたのに……。
「おはよう、今日から転入生が現れるぞー。仲良くしてやってくれ」
午前、学園のHRでドクターが紹介した転入生……、それは陽だった!?
善悪続きは全体で!
広島市の不倫調査